ブログ

デンタルフロスをすぐにやめてしまう方へ

2016年2月26日 カテゴリ:歯科コラム, 予防歯科


一時、デンタルフロス(糸ようじ)を使ってはみたものの、

むずかしいし、めんどうでやめてしまったという方へ。

やめてしまえば、あきらめてしまえば、予防はそこで終ってしまいます。

そこで、今回はこれなら簡単で習慣化しそう? なフロスを紹介いたします。

 

※今回の記事は前回の記事の続きとなります。

 

◆デンタルフロス使用に際して立ちはだかる4つの壁について◆

http://www.yanagidashika.com/blog/post/926

 

DSC_0022

 

ウルトラフロスと呼ばれる取っ手付きのフロスがあります。

一般的なデンタルフロスは指に糸を巻きつけて、

口の中に手を入れるようにして使いますが、

あの独特の構え、歯医者はみんな慣れていますが、

慣れていないとなかなか難しいですよね。

 

DSC_0023

 

取っ手つきだと歯ブラシを歯に当てるような構えで、

パンパンパンと歯の間をそうじしていけるので随分簡単ではないかと。

 

DSC_0024

 

正面から見て糸が横に走っている設計なので、

奥の方も、歯と歯の間がそうじしやすいのです。

 

簡単なら『めんどくさい』や『むずかしい』の壁を乗り越えて、

習慣化するのではないかと。

 

ちなみに私は毎日、このウルトラフロスを愛用しております。

 

最後に1つ注意点を。

このウルトラフロス、糸のサイズ、SとMがあり、

Sでうまくそうじできる歯並びの人がMを使うと、

糸が入りにくくて最初は操作が難しいのです。

(何度か使うと余分な糸が切れてだんだんとそうじしやすくなりますが)

Mが一般歯間用と書かれていますが、私はMだと最初きついですし、

こればかりは使ってみてベストなサイズを選んでいただきたいものです。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

吉祥寺の歯医者、柳田歯科医院
電話番号:03-6904-8217
住所:東京都練馬区関町南2-20-8
診療時間:9:00~13:00 14:30~18:30(土曜・日曜・祝日も診療)
休診日:月曜・金曜

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□