ブログ

歯が白くなる歯磨き粉について

2016年1月21日 カテゴリ:歯科コラム, ホワイトニング


『歯が白くなる歯磨き粉はありませんか?』

とのご相談を患者様より受けることがよくあります。

 

歯のくすみ、黄ばみ、

歯石とは別に歯に付着していても虫歯や歯周病の原因とはならないものを、

着色、またはステインと呼びます。

タバコのヤニ、紅茶緑茶、コーヒーを代表に、

食事や嗜好品によって付着する、

このステインを除去できると謳った歯磨き粉があります。

 

が、

この歯磨き粉を何でもかんでも、

どんな商品でも推奨できるかと言うと、

答えはNOです。

 

普通の歯磨き粉を使っていても、

磨く力が強過ぎると歯の根元がガンガン削れていきますし、

歯周病とは別に間違った歯磨きにより歯ぐきが下がっていくことになります。

歯の表面に付着したステインを除去できるということは、

強い研磨剤により、

(磨き方によっては)歯をジリジリと削る結果を招いてしまうのです。

 

ステインの除去は診療中、細心の注意を払って行っています。

短時間で行うと歯に見えない傷を負わせ、

余計にステインが付着しやすくなってしまうので、

時間をかけて、ゆっくりとステインのみを除去、

歯を傷つけないよう細心の注意を払っています。

 

この細心の注意のことを鑑みると、歯磨き粉に頼らず、

歯が無事なまま無理なくステイン除去できるわけですし、

多少面倒でも歯科医院で除去してもらった方がいいんじゃないですか?

と、私は患者様に推奨しています。

 

また粗塩にレモン汁を混ぜて歯に塗りつけ、

塩のジャリジャリ感を利用しつつ指で磨くと、

歯が白くなるとかよく言いますが、こういった手段は完全に裏技です

冗談で書きましたので真似はしないようヨロシクお願い申し上げます

 

歯の色が気になる、

歯を白くしたい、と来院された患者様に、

歯磨き粉の変更や、

粗塩にレモン汁を混ぜて歯に塗りつけることを推奨する歯科医師はいません。

歯科医師は皆、ホワイトニングを推奨します。

 

ホワイトニングは自費治療となりますし、

一過性の知覚過敏が生じることがありますが、

その知覚過敏は必ず治りますし、

何より歯を傷つけることが一切ありません。

 

歯を白くしたいな、とお考えでしたら、

多少面倒でも歯科を受診し、ホワイトニングを検討されるのが、

歯を傷つけるような本末転倒を招かず、

最も良好かつ安心な結果を得られる手段かと思われます。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

吉祥寺の歯医者、柳田歯科医院
電話番号:03-6904-8217
住所:東京都練馬区関町南2-20-8
診療時間:9:00~13:00 14:30~18:30(土曜・日曜・祝日も診療)
休診日:月曜・金曜

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□