ブログ

口内炎がよくできる!しかも治りにくい!

2017年12月14日 カテゴリ:歯科コラム


口内炎がよくできる

口内炎が治りにくい

 

こんなご相談をよく受けます。

 

そこで本日ご紹介したいのは、

 

頬粘膜と呼ばれるほっぺたの裏側に

口内炎が、よくできる、治りにくい

 

というものです。

 

 

こんなときは、

睡眠中にご自身で頬粘膜をかじっている可能性があります。

 

!?

 

先日、両側の頬粘膜に口内炎が頻繁にできて、

全然治らないとの患者様が来院されました。

 

両側に頻繁に口内炎ができるとは、

にわかに信じ難いことであるかも知れませんが、

ご自身で睡眠中に、

頬粘膜をかじっていることが疑われるわけです。

 

かみあわせを確認し、マウスピースを製作したら、

案の定、口内炎は治り、再発しなくなりました。

 

ということがあってから、

 

数日後。

 

なんとわたくしの口腔内で同様のことが起こりました。

 

わたくしの場合は両側ではなく、

右側頬粘膜のみの片側でしたが、

 

できた口内炎が一向に治らない。

 

これはおかしいと判断し、

マウスピースを入れての就寝を始めたところ、

気持ちがよいぐらい、みるみるうちに、

しつこく治らなかった口内炎がサササっと治りました。

 

ほっぺたの裏側、

頬粘膜と呼ばれる位置の口内炎に、

頻繁に悩まされている方は、

マウスピースを常備しておくと安心です。

 

マウスピースが入っていると、

無意識に頬粘膜をかじろうにもかじれなくなるので、

 

口内炎が悪化しない、というわけなのであります。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

吉祥寺の歯医者、柳田歯科医院
電話番号:03-6904-8217
住所:東京都練馬区関町南2-20-8
診療時間:9:00~13:00 14:30~18:30(土曜・日曜・祝日も診療)
休診日:月曜・金曜

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□