ブログ

かぶせものは、厚すぎるとはずれやすく、薄すぎると機能しません。

2017年9月24日 カテゴリ:歯科コラム, その他, 院内備品


歯の上に土台をつくり、その上にかぶせものをつくる。

歯科で日常的に行われる処置であります。

 

この処置を行う上で重要なポイントの1つに、

土台と噛みあう歯までとの間に適正距離をつくる、

というものがあります。

 

土台が低過ぎればかぶせものがはずれやすい。

土台が高過ぎればかぶせものが薄くなり、まともに機能しません。

 

この適正距離を多くの歯科医師は、目測で行っているかと思われます。

私も長年目測で行ってまいりました。

 

が、

 

今後、

症例によっては目測ではなく、

器具を用いて測ってみようと思いまして、

こんな器具を導入しました。

 

 

これは土台と噛みあう歯の間に、ボールを入れて、

土台と噛みあう歯までとの間の適正距離を測るというものです。

 

 

ボールが通れば、

適正距離が確保できているという客観性が得られるというわけですね。

 

 

患者様に、

より快適に治療を受けたいただける、

といった器具ではありませんが、

歯科診療の一部を、本日はご紹介させていただきました。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

吉祥寺の歯医者、柳田歯科医院
電話番号:03-6904-8217
住所:東京都練馬区関町南2-20-8
診療時間:9:00~13:00 14:30~18:30(土曜・日曜・祝日も診療)
休診日:月曜・金曜

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□