ブログ

問題のある歯は、さっさと抜いて、入れ歯にしちゃったほうが早いんじゃない?

2016年8月17日 カテゴリ:歯科コラム


『虫歯をとったり、根の治療をしたり、型をとったり、と、

歯医者に通って治療するのは大変だし、

問題のある歯は、さっさと抜いて、

入れ歯にしちゃったほうが早いんじゃない?』

 

とのご意見をいただくことが、極々、まれにございます。

 

 

が、

 

 

このご意見は、ご自身の口腔内を滅ぼすものとして、

可能であれば、忘れていただくのが一番かと思います。

 

 

歯を抜くことは簡単ですが、

抜歯後、

歯の無いところに歯を作るのは、

とても大変なことと、

とらえていただきたいのです。

 

 

技術的に大変なわけではありません。

治療するのが大変で面倒だから、

こう申し上げているわけではありません。

むしろ歯を作るのが好きな歯医者は世の中に多いのではないかと。

 

 

歯のないところに入れ歯をつくっても、

ご自身の歯のように噛めるわけではありません。

 

 

歯のないところにブリッジをつくっても、

両隣の歯を削る必要がありますし、

歯のないところにかかる力は両隣の歯が負担します。

両隣の歯が過重負担となりやすいわけです。

 

 

歯のないところにインプラント治療を施すのが、

もっともご自身の歯で噛んでいたときに、

近い状態にすることが可能ですが、

どんな方法でも保険がきかないので治療費が高額となります。

 

 

歯のないところに歯を作るのは、

患者様にとって大変なことなのです。

 

 

あらゆる長所短所から勘案し、

三つの治療法の中から一つを決めていただかなければなりませんし、

より元どおりに近い状態を求めるならば治療費が高額になりますし、

一本二本と続々歯を抜かれ、

歯の本数が少なくなってしまえば、

ブリッジとインプラントは、物理的には経済的にか、

どちらかの理由で選択不可能、

入れ歯しか選択肢がない、という状況すらありえます。

 

 

歯を抜かずに残せると歯科医師が申し上げましたときは、

面倒でもその指示にしたがっていただくのが無難かと思われます。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

吉祥寺の歯医者、柳田歯科医院
電話番号:03-6904-8217
住所:東京都練馬区関町南2-20-8
診療時間:9:00~13:00 14:30~18:30(土曜・日曜・祝日も診療)
休診日:月曜・金曜

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□