ブログ

安心安全は気持ちよいが、得るものは少ない

2016年4月8日 カテゴリ:その他


バドミントン、桃田賢斗選手。

 

momota

 

TVで見ることも数多くあり、

やたらと目立つアクセサリーをたくさんつけている印象や、

また、天下の巨人戦で始球式をつとめたことにインパクトを感じており、

わたくしは、バドミントンのことを一切知りませんが、

漠然と、ああ、すごい選手なのだろうな、とは感じていました。

 

ところが、そんな漠然とした印象は、一気に一転。

違法カジノに出入りしていたことにより、

リオデジャネイロオリンピック出場絶望、

それだけの印象をあたえる選手へと成り下がってしまいました。

 

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160407/k10010470461000.html?utm_int=all_side_ranking-access_005

 

わたくしは、競馬競輪、パチンコ、スロットなど、

賭け事を一切やりません。

 

パチンコやスロットの醍醐味を知らないのは、

目の前が、玉やコインでいっぱいになったことがないからだと、

大勝したことがないからだと、

大学時代に、友人からそう指摘されたものですが、

まあ、そんな醍醐味は知りたくないなと、

胸中では思いながら、フンフンと話を聞いていたような人間です。

 

ですから、世界ランク二位で、

メダルをねらえるとまで評されているのにも関わらず、

なにをどう考えて違法カジノに手を出し、

オリンピック出場という輝かしいチャンス、を喪ってしまうのか、

理解に苦しむどころか、まったくわけがわからなかったわけです。

 

これは、わたくしが群を抜いた凡人であるが故に、

わからないのかも知れませんが・・・、

 

本日ツイッターを眺めていたら、

この件についての、興味深い指摘を発見しました。

 

 

このような意見は、

あちこちから聴こえてきそうですね。

実際、桃田選手の父親も、賭け事は絶対やめろ、と

常日頃から戒めていたようです。

 

ところが、この先に、

一流アスリートが、共通して持ちやすい性質が垣間見えてきます。

 

 

いささか詭弁のような気もする一言ですが、

この発言に、

あの為末大さんが発言をかぶせてきて、

一気に発言の流れに信憑性が帯びてまいります。

 

 

勝てる選手の闘争心とは、

博打に臨む勝負師のようなニュアンスと、表裏一体であるのかも知れません。

堅実な生き方では、なにも得られない、そう、自己破産さえ得られない、

そんなニュアンスさえ漂っております。

 

突き抜けるには、抽んでるには、

自己破産さえ視野に入れるべき、とは学びたくないですが、

自分をひしひしとまもって安堵してばかりでは、やはり得るものは少ないと、

今回の件でおぼえた戒めとして、心にとどめておきたいものです。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

吉祥寺の歯医者、柳田歯科医院
電話番号:03-6904-8217
住所:東京都練馬区関町南2-20-8
診療時間:9:00~13:00 14:30~18:30(土曜・日曜・祝日も診療)
休診日:月曜・金曜

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□