ブログ

レントゲン写真は、かたいものほど白くうつります

2016年4月3日 カテゴリ:歯科コラム


 

本日注目していただきたいのは、

画像中央に位置する2つの大きな歯です。

 

2本の歯ともに、

歯の頭に大きな黒い影があるのが見えるかと思います。

 

レントゲンは

かたいものほど白くうつる

レントゲン像はかたいものほど白くうつります。

歯の頭なのに白くうつらず黒くうつる部分は、

虫歯菌によって溶かされ、

本来のかたさをうしなった虫歯なのです。

 

虫歯が神経にまで達していると

治療期間が長くなります

この虫歯の面積を、2本の歯で比べると

それほど大きな差がないように見えますが、

この2本の歯の治療方法は、まったく違い、

治療回数、来院回数も倍ぐらい差があります。

 

この差は、虫歯が歯の神経にまで達している否か、です。

 

右の歯は虫歯が神経にまで達していないので、

歯の頭だけ虫歯をとって、つめものを入れれば、

治療終了、治療回数は2~3回程度で済みます。

 

しかしながら、左の歯は、

虫歯が完全に神経にまで達しているので、

虫歯をとって、つめものをして終了ではなく、

根の治療が必要となります。

 

根の治療を必要とする虫歯治療は、

他の虫歯治療と比べて、最も治療に時間がかかります。

 

根の治療の成否は

密封の精度にあります

歯の頭だけを治療するのと比べて、気を使うポイントが多く、

しっかりと手順を踏んで、根の中、歯の中、を隙間の無いよう ”密封” し、

かぶせものを入れなくてはなりません。

それらが甘いと、また歯の中で虫歯が進行し、

数年後に再治療となってしまいます。

 

治療は痛みの出る前に

強い症状がなくとも、穴が開いているなと感じたら、

お近くの歯科を受診されたほうがよいかと思います。

その穴が神経にまで達していなければ、

治療期間も短くて済みます。

神経にまで虫歯の達している歯は、

治療期間が長くなりますし、

保険治療では、いくらていねいに治療されても、

精度の低い治療となり、数年後には再治療となる危険性があります。

(※自費治療であれば精度が高く悪くなりにくい治療も可能です)

 

なんかおかしいな? という直感を頼りにし、

痛みの出る前に、はやめに歯科を受診し、

虫歯は、神経に達する前に、是非くいとめてしまいましょう。

そのほうが、あらゆる面(費用時間予後など)で、

負担の少ない結果を得られます。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

吉祥寺の歯医者、柳田歯科医院
電話番号:03-6904-8217
住所:東京都練馬区関町南2-20-8
診療時間:9:00~13:00 14:30~18:30(土曜・日曜・祝日も診療)
休診日:月曜・金曜

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□