ブログ

解体業者による横領自慢を見て思い出したこと

2016年3月26日 カテゴリ:その他


先日、朝のニュース番組、

白熱ライブビビットを見ておりましたら、

こんなニュースが報道されておりました。

『解体業者、現金39万円の横領をツイッターで自慢!』

 

http://tanteiwatch.com/50487

 

解体業者、

多くの方にとって、その全貌は、深い闇に包まれておるものでしょう。

 

わたくしは、過去に一度、解体業者と関わったことがありますが、

あやうくだまされて、数十万、むだに強奪されそうになったことがあります。

 

『現在、解体しております物件が、

深基礎だったので工事費が余分にかかります』

 

工事費上乗せの連絡がきたとき、

どうもあやしいな、と思ったんですよね。

 

解体を依頼したあんなボロ物件が、よりによってフカギソ?

大震災によりペッシャーン壊れそうなあの物件が、

え? フカギソ?

え? あれが? あれの基礎深いの?

あれの基礎が、まさか深いわけないっしょ?

 

わたくしが建築用語に疎いと思って(実際に疎いのですが・・・)、

とりあえずフカギソってことにしてだます気だろう? と勘で思ったわけです。

 

ですから第三者に問い合わせたら、

この物件は深基礎ではありません、との回答で、

ああ、そうですか、フカギソですか、ってうなずいていたら、

むだにお金を搾取されていた、という経験があり、

今回の横領自慢ニュースで、

解体業者に対して最悪のイメージを持っていたことを、

ふと、思い出しました。

 

まあ、選んだ解体業者が悪かったと、わたくしにも責任があるのでしょう。

名前を申し上げたら、

誰もが知ってる超超超超超某有名ハウスメーカーの紹介で、

その解体業者に依頼することになったので、

紹介もとの有名さによって、盲目となってしまっていたのかもしれません。

 

ネットで調べても解体業者関連のトラブルは非常に多いようです。

基礎が深いでなく、基礎が分厚いと、言ってくることもあるようです。

 

深基礎ではないのに、

深基礎料金を強奪されたらたまったものではありません。

そこで、わたくしはクレーム電話連絡をしたわけですが、

流石は、解体業者を束ねる社長、敵ながら天晴れな対応でした。

 

契約時とは、まったくちがい、

話すスピードが気味悪いぐらい “ゆっくり” だったんです。

 

クレーム処理班としての経験値を感じさせられましたね。

クレームを処理する側は、

ヒートアップするクレーマーの語気や話すスピードに、

調子を合わせて話してはいけないのです。

 

クレームを受けて焦り、

クレーマーの調子と似た口調語気をとると、

火に油を注ぐ結果となります。

クレーマーは、さらにヒートアップしてしまいます。

 

クレーマーの口調を無視して、気味悪いぐらいゆっくり話すと、

この法則を知らないクレーマーはペースを乱され、

のれんに腕押して腕押しているような気分となり、

ついには戦意を喪失してしまう傾向にあります。

 

この社長はわたくしと同年齢で、

現在36歳でしたが、

まぁ、それなりにクレームを処理して、今まで生きてきたんじゃないかなと、

話していて感じるものがありました。

 

敵をほめて、そのまま退散してはいけないので、

その後、工事費上乗せを、しっかりと撤回していただきました。

 

※今回の記事で伏せております解体業会社名と超某有名ハウスメーカー名を院内でお伝えすることはもちろん可能です。今後マイホームをつくるにあたって参考にされたい方はおっしゃっていただければより詳しい情報をお伝えさせていただきます。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

吉祥寺の歯医者、柳田歯科医院
電話番号:03-6904-8217
住所:東京都練馬区関町南2-20-8
診療時間:9:00~13:00 14:30~18:30(土曜・日曜・祝日も診療)
休診日:月曜・金曜

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□