ブログ

お子さんの歯にフッ素を塗ると虫歯予防が期待できます

2016年3月25日 カテゴリ:歯科コラム, 院内BGM, 予防歯科, 小児歯科


 

東京は桜が咲き始めていますね。

満開をむかえるのも、あと少し、といったところでしょうか。

 

では本日は、フッ素塗布(フッ化物塗布とも言います)について、

お伝えしようかと思います。

 

フッ素は虫歯予防に効果的

定期的におはがきをお送りして、

フッ素塗布で通っていただいているお子さんが多数いらっしゃいますが、

このフッ素塗布、

虫歯予防に大きな効果があります。

 

昨日、参加した講習会で配布された資料にも、

フッ素塗布(フッ化物塗布)が、

う蝕(虫歯)予防に効果的であるとの研究結果が記載されておりました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

※クリックして拡大してご覧ください

 

定期的にフッ素塗布で通われているお子さんの歯が、

虫歯になることは、きわめてまれであると、

日々診療を行っていて思いますが、

実際どうなの? と調査してみても、やはり効果的であるようです。

 

フッ素を塗ることにより、

歯の石灰化が促進、歯の質が強化され、

酸で溶けにくい歯となり、

虫歯予防へとつながってくれるわけなのです。

 

三ヶ月に一度の通院でOK

このフッ素塗布は、年に2~4回ほど行うのが適切とされており、

当院は、三ヶ月に一度の塗布を推奨しております。

フッ素と名前は一緒でも、

一般に販売されている歯磨き粉に入っているフッ素は低濃度であるため、

毎日使い続けることで、やっと効果が期待できますが、

医療機関で用いるフッ素は高濃度であるため、

三ヶ月に一度の塗布で十分に効果を発揮してくれるのです。

 

デメリットはありません

当院で用いているフッ素ジェルにより、

歯の変色や知覚過敏は絶対に生じません。

フッ素使用を恐れる親御様がまれにいらっしゃいますが、

デメリットは無いと考えていただければと思います。

 

フッ素塗布により

虫歯を根絶できるわけではありません

フッ素は虫歯予防効果を持っていますが、

塗ることにより、絶対に虫歯にならないわけではありません。

場合により、フッ素のみならず、ブラッシング指導、

生活習慣に関するアドバイスをさせていただき、

虫歯を予防していくこともあります。

 

フッ素で歯医者に慣れておく

という意味でも効果的です

乳歯や、生えたての永久歯は、歯の質が弱く、

虫歯になりやすいので、

特にお子さんの歯に、フッ素塗布が効果的です。

虫歯のないお子さんが、

今後、虫歯になったときのために、歯科医院の雰囲気に慣れておく、

そんな練習の機会としても、フッ素塗布は効果的であることでしょう。

 

それでは最後に院内BGMを一曲ご紹介いたします。

 

 

動画の画は鬱蒼としていますが、

(動画には電話やヘリの音が入っていますが院内では流れません

曲調はさわやかで、

歯科医院の雰囲気にもビタっと合うかと思います

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

吉祥寺の歯医者、柳田歯科医院
電話番号:03-6904-8217
住所:東京都練馬区関町南2-20-8
診療時間:9:00~13:00 14:30~18:30(土曜・日曜・祝日も診療)
休診日:月曜・金曜

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□