ブログ

時代の流れとともに減少していく銀歯について

2016年3月18日 カテゴリ:歯科コラム


 

机に置くと、上下さかさまになってしまうのですが、

こちらは、上あごの模型であり、

中央から数えて4番目の歯、左上4番目の歯に、

白い歯をつくったものとなります。

 

 

この中央から数えて4番目の歯、

この位置は、保険でかぶせものをつくると、

以前は銀歯となってしまったわけなのですが、

現在は画像のような白い歯が入るように、

保険の改定がなされております。

 

関連記事

 

銀歯を白い歯にしたい患者様へ

 

が、

中央から数えて4番目の歯の一本後ろの歯が無い場合、

インプラント治療は保険がききませんので、

4番目と6番目をつなげてブリッジを作り、

5番目の歯を製作する際は、

上記の白い歯でつなぎ使うと壊れてしまうので、

2014年に保険の改定がなされた後でも、

耐久力の観点から、

4番目の歯は銀歯となってしまったわけなのですが・・・、

 

そこで、2016年度保険改定の一部を抜粋いたします。

『ブリッジの支台歯に限り、

レジン前装金属冠が第一小臼歯に使用できるようになった』

 

これが、どういうことかと言いますと、

5番目の歯がなくて、

4番目の歯(第一小臼歯)がブリッジを支える柱となる場合でも、

外から金属が見えない白い歯が保険で作れるようになった、ということです。

※壊れないよう内部には金属を用いているかぶせものになります

※下あごで、このかぶせものを用いた場合は金属が見えます

 

ここ最近の保険改定から察するに、

上あごの中央から数えて4番目の歯に、

銀歯の入っている方は、

今後、ドンドン減少していく傾向にあるのではないかと思われます。

 

どうしても話がややこしくなってしまうので

銀歯を気にされている方は、一度ご相談いただけますと幸いです

 

納得のいくまで、ご説明させていただきます

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

吉祥寺の歯医者、柳田歯科医院
電話番号:03-6904-8217
住所:東京都練馬区関町南2-20-8
診療時間:9:00~13:00 14:30~18:30(土曜・日曜・祝日も診療)
休診日:月曜・金曜

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□