ブログ

子どもの危機を救うものは優れた小児科医ではなく母親の勘

2016年3月18日 カテゴリ:歯科コラム, 小児歯科


先日、一歳のお子さんが来院されました。

お母さんがおっしゃるには、

『上の前歯の裏に小さいけど黒いところがある、虫歯?!』

とのことで、さっそく診てみると・・・、

 

確かに、髪の毛のように細い小さな黒いものがみえました。

私は、毎日毎日、来る日も来る日も、

絶えず歯を見て生きておりますから、みればすぐにわかりますが、

お母さんは、よくこれを発見できたな、と思ったものです。

小さなお子さんは、自分でまんぞくに歯をみがけないので、

お父さん、お母さんによる仕上げみがきが必須となりますが、

上の前歯の裏側は、よく見ないで、

仕上げみがきを行っているお父さん、お母さんが、ほとんどの中、

前からは全く見えない、小さな小さな髪の毛のような細い物体を、

よく発見できたな、と。

 

結局、これは歯医者がみれば、あきらかに虫歯ではなく、

私も、なんだろう? と思いつつピンセットで引っ張ったら、

明らかに食べ物ではない、

深緑色の小さな小さなビニール? のようなものが出てきました。

お母さんが目を離したすきに、

お子さんがかじった、何かの欠片ではないかと思われます。

 

子どもの危機を、真に救うものは、

優れた小児科医ではなく、

母親の勘と、よく言いますが、

小児歯科においても、同じことが言えるのではないでしょうか。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

吉祥寺の歯医者、柳田歯科医院
電話番号:03-6904-8217
住所:東京都練馬区関町南2-20-8
診療時間:9:00~13:00 14:30~18:30(土曜・日曜・祝日も診療)
休診日:月曜・金曜

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□