ブログ

歯の予防は認知症予防でもあります

2016年3月2日 カテゴリ:歯科コラム, 予防歯科


『家族に賠償責任はない』

認知症の男性が電車にはねられ死亡した事故をめぐり、

JR東海が死亡した男性の家族に損害賠償を求める裁判で、

一審、二審では、家族に賠償責任があるとの流れでしたが、

最高裁が『家族に賠償責任はない』との判決を言い渡し、

JRが敗訴、このニュースが朝も昼も大きく取り上げられていました。

 

詳しくはコチラをご覧ください。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160301/k10010427311000.html

 

認知症予防の一環を、

歯科も担うことができます

今後、上記のような事件をなくしていくためにも、

認知症となる前に、要介護となる前に、

自分の将来の希望や意向を、

(無理して介護せず施設に入れるよう伝えておくなど)

子や配偶者、家族に話しておくべきだとか、

認知症であっても外見だけではわからないから、

腕章をつけてもらい認知症であることを周囲に伝えたらどうかと、

 

1234

 

朝の白熱ライブ ビビットで、テリー伊藤が意見していましたが・・・、

 

認知症予防に力を入れることも重要ではないかと思うのです。

そして、その一環を、歯科も担うことが、実はできるのです。

 

かみ合っている歯の本数が、

認知症予防と関連があります

かみ合っている歯の本数が19本以下の方々は、

20本以上の方々と比較すると、1.85倍も認知症になりやすいのです。

奥歯がなくて不便だけど、まあ、食事できるからいいや、と放置していると、

栄養が偏ったり、脳への刺激の低下、脳血流量の低下により、

知らず知らずのうちに認知症が忍び寄ってまいります。

 

親不知や矯正による抜歯以外に、

虫歯、歯周病などで歯を抜かれた際は、

そのまま放置せず、

歯科医師の指示通り、そこに歯を作っていただきたいのです。

 

たとえ歯を抜かれたとしても、歯のないところに歯を作れば、

ご自身の歯が20本以下となっても、20本以上の歯で噛むことは可能です。

入れ歯やブリッジ、インプラントでも脳を刺激できるのです。

 

また、歯を抜いたことがない方は、歯の予防に力を入れてもらえば、

それがそのまま、認知症予防へとつながっていくのです。

 

10年後、

認知症の人の割合は5人に1人になる

現在520万人いると言われる認知症患者数が、

10年後には700万人、

高齢者の5人に1人に上ると見込まれているそうです。

また、日本における平均寿命と健康寿命の差は約10年間にもなります。

ぜひ歯科の観点からも、

みなさまに認知症予防を心がけていただきたいです。

 

関連記事

◆歯と認知症の意外な関係について◆

http://www.yanagidashika.com/blog/post/347

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

吉祥寺の歯医者、柳田歯科医院
電話番号:03-6904-8217
住所:東京都練馬区関町南2-20-8
診療時間:9:00~13:00 14:30~18:30(土曜・日曜・祝日も診療)
休診日:月曜・金曜

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□